注目の資格は食育アドバイザー

最近「食育」という言葉をよく聞くようになりました。

これは食がもたらす心身への影響と各食材の情報を的確に伝えるというもので、そのプロが資格を持った食育アドバイザーと言われる人です。

必要なスキルとして食に関する知識と、コミュニケーション能力が挙げられます。

学習する内容の中には専門的でやや難しいこともありますが、基本的には人の生活に密接しており欠かせない食に関してですから比較的難しくないと言われており、資格取得を目指す方も年々増えています。

その中には仕事や生活に役立つという事で、医療や介護福祉関係、保育・教育関係者や美容に関わる仕事の方、そして普通の主婦など、幅広く職業の方がいらっしゃいます。

近年は子供から大人まで食生活の乱れによって、肥満や生活習慣病、そしてアレルギーに悩む人は増えてきていますので、食育は注目されており、需要は増えてきています。

栄養学の基礎や体の仕組みを学び、正しい食生活の知識を得ることはもちろん、食べ合わせや旬の食材のよりおいしい食べ方など、日常生活にすぐに役立つ知識を付けることができます。

現代の日本は食べるものが豊富にあり選ぶものが豊富にあります。

いわば贅沢な世の中になったわけですが、その分、偏食や好き嫌いの多さが子供に限らず増えてきております。

さらに不足してそうな栄養素はサプリメントなどで補うから・・・という人も多くなってきています。

こういった食生活の乱れが肥満や痩せすぎ、しいては生活習慣病や成人病に発展してしまう事が多いという事で、食生活を見なおすと言う目的があります。

子供たちやその保護者、そして医療・福祉関係者や一般の方へ正しい食の知識を伝えていくのが食育アドバイザーと言われる人たちで、いわば職のプロです。

アドバイザーになるためには「食育アドバイザー」の資格の取得が必要になってきます。

これは栄養学等の専門的な知識もありますが、生活に密接する食に関することですので、そこまで難易度は高くなく通信講座で学習可能です。

教育関係や医療福祉関係、美容関係や食品関係に従事している方から主婦の方まで幅広くに資格取得を目指しています。

おすすめの食育アドバイザー講座はこちらを参照。

食育の資格を取りたいならここを見よう