食育アドバイザー資格の難易度

食育アドバイザーという資格があります。

これはなにかといいますと。

食がもたらす影響や食材の上手な使い方、そして食生活の改善を指導していくために必要な知識を得るものです。

これは民間資格で、多くが通信講座での学習と試験が受けられ、専門的な内容ももちろんありますが、人に密接した食に関する内容という事で、難易度は比較的低く、合格率も高い資格になります。

かかる費用としては3~40000円程です。

食育アドバイザーとして活躍するためにと言う人はもちろん、看護師や介護士、保育士そして美容関係などに従事してる人が、より有意義に仕事をするためにという目的での取得を目指す方も多いのです。

難易度が低いとはいえ、栄養学や身体や生理機能の事などの専門的な内容もあります。

なので合格率が高いから・・・と油断はできません。

場合によっては食育授業などの研修会もありますので、参加必須という事もありますので、取得に望む前に事前に確認をしましょう。

食生活の乱れから生活習慣病や肥満、成人病やアレルギーなどが増えてきていると言われている現在の日本は食育というものが注目されています。

食育とは簡単に言うと乱れた食生活を見直し、正すための指導をしていくことで、これのプロが食育アドバイザーです。

これには資格が必要になります。

ですが、いわゆる民間資格であり、通信講座で学習をし試験を受けられるという点から比較的始めやすく、栄養学や消化吸収などの身体機能、医学食や薬効、そして食品に関することなどの専門的な内容もありますが、他には食料問題や取り巻く環境や伝統料理などの、基本的には人と密接している食に関すること。

そして活動を行っていく上で必要になることを学びます。

難易度は低めで合格率も高いといわれています。

多くはテキストやDVDを見ての学習をして全講座を修了したら、検定試験を受けます。

ここまで全て在宅で行う事が可能です。

そして合格すれば資格取得でき食育アドバイザーとして活動できます。