食育アドバイザーになるには

食育基本法が平成17年に施行されました。

それによって学校給食はもちろん、日常の食事に対しての理解を深める事と摂取に関しての注意点が推奨がされるようになり、それに伴い個人の食事を見て、よりよい食生活の指導を行う食の知識を持った人を食育アドバイザーといいます。

アドバイザーになるには資格が必要です。

通信講座でも学習可能で、もちろん専門的な内容もありますが、生活に密着した食に関することですので、難易度はそれほど高くないと言われています。

教育関係や福祉医療関係に従事する方や、普通の主婦の方でも資格取得を目指している人は多くいます。

基礎的な物であれば費用も5万円もかからない場合が多いです。

この資格はランクがいろいろあり、また経験をつんでいくことで講習会を開いて食育指導をおこなったりするアドバイザーもいますし、今は豊かになってきている分、偏食やそれによる肥満、生活習慣病が増えてきている問題や添加物や輸入食材等の安全性の問題の多くでてきていますので、食育は今後より注目されていきますので、アドバイザーの需要も増える事と思われます。

食生活の乱れによる偏食や肥満や生活習慣病の問題、そして食の安全性などに着目されており、食生活やあらゆる食に関することを見直すための「食育」

というものが注目されています。

その指導を行う人が食育アドバイザーや食育インストラクターです。

アドバイザーやインストラクターになるには資格の取得が必要になり、この資格は専門的な内容もありますが、人に密接した食の事になりますので、よくよく見ると誰でも聞いたことのある内容という事もあり、難易度は低めで通信講座で学習が可能なため、比較的取りやすい資格と言えます。

日本は食だけでなく豊かである分先に記述したような問題が増えてきていることで、あらゆる場面で指導が行われています。

身近なところですと、スーパーマーケットの試食コーナーの様なイベントでのバランスのいい食事指導や調理実践の様なものです。

一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

それ以外にも市町村が主催して市の施設でのセミナーや、保育園や幼稚園、小学校などで子供たちとその保護者向けに定期的に行われたりもしています。

こういった活動を行っていくのがアドバイザーやインストラクターなのです。