食育ってどういうこと?

子供から大人まで全ての人が心身共に健康で生涯生き生きと暮らすためには食がとても重要になってきます。

今の日本はとても豊かで食べるものに困らないと言う人がほとんどです。

ですが、食生活をめぐる環境が大きく変化してきています。

その中でも、偏食による栄養の偏り、食事が不規則、肥満や生活習慣病の増加、そして伝統的な食文化の危機、食の安全性などの問題が挙げらられます。

このような問題を解決していく手段として食育があります。

これは食がもたらす心身への影響と食材の情報を伝えるというものです。

食は生きる上での基本です。

ですが時と場合によっては害になってしまう事もあります。

食に関する豊富な知識と資格を持ったプロが食育アドバイザーやインストラクターと言われる人達で、子供やその保護者向けはもちろん、医療福祉機関、そして保育や教育の現場でそういった食育活動を行っています。

食は一番身近な事ですので、そういった指導を通してや自らで学び一人一人が取組むことができれば、あらゆる問題が良い方向へ向かいより健康的な生活ができるようになります。

今まであまり考えたことがなかった方も食育について少し気にかけてみませんか?

食育基本法というものが平成17年に制定されました。

そして特にここ数年で食育という言葉を聞くようになったという方も多いのではないでしょうか?

食育とは簡単に言うと現代の乱れた食生活を見直すというものです。

食育の3つの基本として、1つ目に、どんなものを食べたら安全で安心で健康になれるか?

2つ目に、食卓や食事の意義、そして食事マナーを考える。

最後に3つ目として、食糧問題や食料自給率、生産地や特産物と生産者の保護などを考えるというものになります。

3つ目は専門的な内容になってきますが、それ以外は一般的に子供の頃に家庭や学校で教えられている内容なので、そんなに難しいことではありません。

今の日本はとても豊かで「食べるものがない!」と言う事はまずありません。

贅沢になっているとも言えますが、その分、偏食や肥満、成人病や生活習慣病、アレルギーの原因になっていることが多いのも事実なので、それぞれで見直していくといいでしょう。